生協からのお知らせ

従業員の新型コロナ感染症の発生と今後の対応について

組合員の皆様

従業員の新型コロナ感染症の発生と今後の対応について

2022年2月1日
滋賀大学彦根地区生活協同組合

いつも当生協のご利用 誠にありがとうございます。
当生協 食堂部の従業員3名が新型コロナウイルスに感染いたしましたので組合員の皆様にご報告いたします。また、濃厚接触者と判断される2名に関しても自宅待機としております。

  1. つきましては、該当の職員については、療養および10日間の自宅待機となり、店舗の運営体制が厳しくなることから、一部のメニュー(麺類等)の提供停止などを行います。
  2. 現在、出勤しております職員については、健康状態に問題はございませんのでご安心下さい。しかしながら、万が一ということもあり、組合員の皆様および従業員の健康安全を守るという観点から、大事を取り2/3(木)から当面の間(2/10頃までを予定)一時閉店をさせて頂くことといたします。
  3. 学内の福利厚生を担っていることから、皆様へできる限りご迷惑をかけることのないように、2/2(水)までは、営業を行うことといたします。
    (※但し、2/2(水)は店舗の体制上、丼ぶり2種+カレー のみの提供とさせていただきます)
  4. 2/3(木)以降は、購買部にて、弁当・おにぎりなどの数を増やして対応いたしますので、是非、ご利用いただければと思います。
  5. ミールシステムご利用者の皆様には、(2/3~2/9の利用可能期間5日間)分の金額を算出した上で、生協電子マネーとして返金をさせて頂きます。(※詳細は別途ご案内)

 秋学期の試験期間ということもあり、非常に大事な時期であることから、生協内部で検討の結果、上記の対応を取らせて頂くこととなりました。
 生協としましても、今回の事態を招いてしまったことに組合員の皆様、大学・関係者の皆様に深くお詫びいたしますと共に、今後も引き続き十分な安全対策を取ってまいります。

 組合員の皆様方におかれましては、何卒、ご理解賜りますよう宜しくお願いいたします。

また、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために、組合員の皆様にも食堂ご利用時のアルコール消毒及び、喫食時に喋らない(黙食)などの対策にご協力頂きますよう重ねてお願い申し上げます。

以上